コリドラス水槽の小変更

コリドラス飼育記

この土日は時間に余裕があったので、コリドラス水槽の小変更を行うことにした。

 

 

ここのところちょっと気になる事があった。それは水流である。

コリドラス水槽の濾過は、エーハイム2236にサブ化した500を直結させたものを使っている。

要するに500をサブフィルター代わりにして使用していたのだが、立ち上げ初期こそ十分な流量を確保出来ていたものの、ろ材や給排水パイプ、ホースの汚れが溜まってくると立ち上げ時の半分程度の流量しか稼げなくなってしまった。

そう、このフィルターの組み合わせ一系統では、湧き水演出部分、背面シャワーパイプ排水、そして水流遊び用に設置した側面のシャワーパイプ排水の全てをまかなうのは厳しくなってきたのである。

流量が低下してしまうとどうしても水流の付け方に不具合が生じてしまうので、水流を好むコリにとってはあまり好ましく無い事と言える。そこで思い切って濾過システムを変更する事にした。

 

 

どのようにしたかというと、500のサブフィルターを取っ払い、エーハイム2236を追加して2系統で水を回す事にした。2236+500の組み合わせでも十分濾過は間に合っていたので、フィルター容量をアップさせる必要性はあまり感じられなかったし、コスト的な事も考えての選択である。

 

 

さて、排水の湧き水、背面シャワーパイプ、側面シャワーパイプをどのようなに分けたかといとう、

  • 元の2236 → 湧き水+背面シャワーパイプ
  • 追加2236 → 側面シャワーパイプ

といった具合に分ける事にした。

 

 

ただしこの組み合わせだと、従来の水流遊び用(水中に設置)シャワーパイプの水流が強くなりすぎるかもしれないので、上の画像のように分岐させて設置した。

さすがと言うか当たり前と言うか、この2系統で回すと相当な流量となった様子。案の定、水流が強すぎて底砂がめくれてしまう部分が出てきたので、設置後はシャワーパイプの穴数と大きさ、そして位置を微調整することに時間を割いた。

これで水槽全体にくまなく水が循環するようになり、水流云々の問題はほぼ解決したが、以前から気になっていた「湧き水演出部分」の見直しも同時に行った。

この部分の問題点は、パイプに砂が徐々に溜まってしまい、排水部分が詰まってしまうと言う事。ならば穴を下向きにすればよいのかというと、実はこちらの方が大問題となるようで、排水で流動する砂が底部を削ってしまい、最悪水槽自体の破壊につながってしまう事があるらしいのだ。

コリのもふりで砂がめくれてしまうのは仕方無いが、パイプの詰まりはすぐに解決できる事なので早速実行した。

 

 

まず使い古したネット(15年選手・笑)を用意し、網の部分をカット。

 

 

そしてこれを湧き水パイプに巻き付けて、ロックタイで固定するだけというもの。

これで砂の浸入は防げるはず。後は網自体の耐久性が気になるが、これ自体は簡単な作業なので、破れた時にまた考えればいいだろう。ちなみにこちらも水流がアップする事が確実なので、穴を一カ所増やす事にした。

後はサブフィルターの撤去に伴い、ろ材をどのように組み合わせて使うか考えているが、この部分を弄るのはもう少し後の話になるので、現在は手持ちのものをそのまま使っている。

これで環境がより良くなった(と思う)コリドラス水槽。もう少し迎え入れる事ができる・・・かも?(汗)

関連記事