コリドラス・シクリ

コリドラス飼育記

長年連れ添ってきたシクリが死んだのは昨年の夏の事。そして今いるシクリは昨年の秋に迎え入れたものである。

 

 

シクリは導入時にややデリケートな一面を見せるが、この個体は元々の状態が非常に良かったこともあってすぐに水槽に馴染んでくれた。

体色も黒ずむ事無く、スポットも相変わらずハッキリと出ているので、もう何も心配する必要は無いだろう。

シクリは決して珍しいコリではない。コリはどちらかと言えば「可愛らしい」といった印象を受ける事の方が多いが、シクリの場合は「優雅」と言った方がしっくりとくるように思う。だからシクリと呼ぶのだろう(大嘘

以前のシクリはイカリムシ騒動に巻き込まれた事もあり、天寿を全うさせてやれなかったように思う部分があるので、今度はもっともっと長生きできるよう、しっかりと付き合っていきたいと考えている。

関連記事