連チャンで迎え入れたコリ達、その後

コリドラス飼育記

ロビネアエから始まり、ザンガマ、アルビノステルバイ、そしてパンク、カウディマキュラートス、ジュリーと立て続けに迎え入れたコリ達。さてさて、現在はどうなったかというと…

 

少々解り辛いが、パンク、ジュリー、ロビネアエが仲良く佇んでいる

 

とりあえずはどのコリも無事に馴染んでいる様子なのでホッとしている。

まず、一番のチビ個体だったジュリー。

そのチビさに少々戸惑いを感じたが、投入直後からいい感じに餌を食べており、随分とネットワーク模様がはっきりとしてきた。

 

 

そして同じようなチビ個体だったパンク(レウコメラス)はこんな感じ。

 

 

こちらもジュリー同様、各模様がくっきりと浮き出た。ちなみに迎え入れ直後の画像はこれ。

 

 

比較するとその違いが本当によく解る。

そしてザンガマ。

 

 

ややヘロっていた1匹も随分と持ち直し、今は3匹一緒に元気に泳ぎ回っている。

お次ぎはアルビノステルバイ。

 

 

…このコリについてはもう何も言うまい(笑)

ところでもう1種、カウディマキュラートスだが、こちらも問題無く過ごしている。ただ、画像は撮れずじまいだったので、こちらは撮れ次第記事にしてみたいと思う(汗

おっと、コリではないがこちらの魚、クーリーローチも。

 

 

滅多に姿を見せないでいるが、調子そのものは良いようである。

ここにきて急に賑やかになったコリドラス水槽。また、一年前とは比べ物にならないほど成長したコリもいるので、こころなしか手狭な印象を受けるようになった。

そうなれば次に取るべき手段は・・・。

関連記事