コリドラス水槽サイズアップ計画

コリドラス飼育記

やや手狭になって来たモフチョ家のコリドラス水槽。そこでサイズアップ計画を立ち上げた。

 

 

まず、現在の飼育環境をざっと振り返ってみた。

水槽サイズ 900*450*300mm ガラスらんちう水槽(鈴木製作所)
フィルター エーハイム2236×2
使用ろ材 パワーハウスソフトベーシックM(1/4) フジノスパイラル10サイズ(3/4)
ヒーター ニッソーシーパレックス300+パワーセーフプロ200(設定温度25℃)
照明・時間 30w×1灯 7:30~16:30の9時間照射(タイマー)
底砂・厚さ 田砂約8kg・1~2cm れきSサイズ1kg・1cm未満
その他 水心SSPP-3S+水作31D(アンブレラリーフ投入用)

水槽サイズから単純計算した水量は121ℓで、現在の生体は以下の通りである。

  • セミロングノーズsp(ジュタイ?)
  • ブラジルジュリィ
  • パンダ
  • コンコロール×2
  • アエネウス(赤コリ)×2
  • アルビノアエネウス(白コリ)×2
  • パレアトゥス(花コリ)×2
  • ワイツマニィ×3
  • オガワエハイフィン
  • ガラナsp
  • ダイジョウブダエ×2
  • プンクテータス(シングープンク)×2
  • ゴッセイ×2
  • ベネズエラオレンジ×2
  • ステルバイ×3
  • アークアートゥス×2
  • アドルフォイ×3
  • ショートノーズオルナータス×3
  • ブラックトップポタロエンシス×2
  • エレガンス×2
  • ジュリィ×2
  • シクリ
  • ガラナSP(スポット大)
  • バデリ×2
  • アエネウスダーク
  • スーパーエクエス×2
  • コリドラスspイエローフィン×2
  • パンタナルエンシス(メス)×2
  • ロビネアエ×3
  • ザンガマ×3
  • アルビノステルバイ×2
  • パンク×2
  • カウディマキュラートス×2

33種72匹のコリドラスがいる。(25種60匹どころではなかった…汗)

と、さらに

  • オトシンクルスネグロ×3
  • オトシンクルス
  • クーリーローチ×2
  • トゲナシヌマエビ×数匹(汗)

これだけの生体がいる。

このエビをカウントせず、魚の数だけで1ℓ当たりの匹数を算出してみると121÷78=1.5512…約1.5ℓあたり1匹という数字になった。・・・正直、これは過密気味のような(汗

現在は120cm水槽台の上にコリドラス水槽を設置している。元々この下段には鯉用の120cm規格の水槽を設置していたが、これは撤去してあるので、以前のように重量的な制限を設ける必要は無くなった。

となれば「極力大きな水槽を…」と考えたが、コスト的な事を考え、この水槽台を直接使用して120cm水槽を新たなコリドラス水槽として立ち上げる事にした。

ちなみにサイズは1200*450*300(H)mmといった、所謂「らんちう水槽」タイプのアクリル水槽。平たく言えば、今の水槽を300mm横に広げただけの水槽である。

普通の120cm規格ではなく、あえてこのようなサイズにした理由はコリの性質やメンテのしやすさを考慮したから。

また、現在の環境でも十分安定しているのだから、水量云々よりも底面積を広げる事の方に重きを置いた。

ただ、現在のフィルターだけでは環境を維持する事が難しくなると思うので、手元にあるエーハイム2071を追加する予定だ。

水槽は現在オーダー中。今月中旬には手元に届くだろうが、それなりに大掛かりな作業になると思うので、年末の休みを利用して水槽を立ち上げたいと考えている。

関連記事