ワイルド青コリ迎え入れ!! のはずが…

コリドラス飼育記

コリドラス水槽サイズアップに向け、細かいパーツ等をチャームで注文。ついでに、以前から気になっていた青コリのワイルド物をポチった。

 

 

師走とは良く言ったもので、今月は色々と予定が立て込んでおり、引っ越しは早くても20日以降になりそうな感じ。

そこで、引っ越し前に馴染ませてしまおうとこのコリの迎え入れに踏み切った。ワイルド青コリはすぐに欠品してしまうし、タイミングは今しか無いだろうから。

で、今日予定通りに注文しておいたブツが届いた。

もちろん、このコリも…いや、届かなかった。一体これで何度目になるだろうか、チャーム御得意の誤配送攻撃を喰らってしまったのだ。

さて、今回はどんなコリが届いたのかというと

 

 

これ。

とりあえずこのままにしておくのも何なので、いつものようにプラケースに入れてみた。

 

どこからどう見てもコルレアです。本当に(ry

 

青コリがコルレアに化けよった…

 

どこでどう間違えたのか、まるで察しがつかない。考えられるならば、販売名だろうか?

  • パレアトス
  • パラレルス

確かに「パ」と「ス」はビンゴだが…。

早速チャームに電話を入れる。

最初に出た人間はまるで事の次第を理解していない様子。とりあえず画像を送って欲しいとの事だったので、上記の画像をチャームに送る。

これは前回のオトシンの時のように、

 

「注文したコリはきちんと送り直しますので、届いたコリはそちらで飼ってあげてくださいね♡テヘペロ」

 

なんてレベルじゃあない。

いやらしい話になるが、あまりにも価格差が激しすぎるのだから、そんな馬鹿げた話にはまずならないだろうし、「差額を払ってくれ」と言われたって即答なんかできやしない。

そんなことを考えながら待つ事一時間、先程とは別の担当からようやく電話が入る。そこで出た回答は「送り返して欲しい」だった。

そりゃ送り返すのは当然としても、こちらはその手だてが乏しい。

梱包用の発泡スチロールや段ボール、ホッカイロ等は使い回すから良いとして、チャームの場合、生体が入っている厚手の特殊な形状をしたビニール袋は再利用出来ないので、新たに用意する必要がある。

このビニールは幸いにして手元にある物を使う事が可能だが、そもそもパッキングする際の酸素なぞ持っていない。

どうすれば良いのか悩んだが、

 

「ワイルド青コリを送る際にパッキング道具を送るので、それでパッキングしてからドライバーに渡して下さい」

 

と一方通行の話しかしてこない。今週はとてもではないが魚を受け取れる時間は無いし、少しはこちらの都合を聞けよと久々にトサカにきてしまった(怒

しかしながら「チャームを憎んでコリを憎まず」。このコルレアだけはきちんと生かして送り届ける必要がある。たとえ

 

修羅の国へファルコを送った赤鯱@北斗の拳

 

のような心境になろうとも…。

やることだけはやらなければならないので、出来る限りの最善を尽くし、少しでも早く届くようにとクロネコヤマトの店舗に直接持ち込んだ。

ちなみに、ワイルド青コリは次回注文時まで取り置きという条件を付けたが、なんだかイマイチ釈然とできなかった。

そう言えば以前、チャームで購入したコリにイカリムシが付いていた事を記事にしたと思う。

 

 

魚の状態、誤配送…過去の件や記事にしなかった分も含めて考えると、これはやはり、管理体制が相当杜撰になっていると言わざるを得ないだろう。

チャームがアクア関連の通販店で一二を争う大型店舗ということを考慮すれば、多少のミスは出てきても仕方が無いと思うし、それをとやかく追求するつもりは無い。

ただモフチョ家に関して言えば、少なくとも5〜6回に1回の割合で何らかの誤配送が生じている。

これが全国規模で発生しているとすれば…。通販店では致命的な数字になるような気がしないでもないぞ…。

本当にいい加減にしてくれ、チャームorz

関連記事