青水発生中

アロワナ

シルバーアロワナ水槽がごらんの様になっている。

 

 

そう、俗に言う「青水」が発生してしまったのだ。

この青水の発生する要因はいろいろあるが、

  1. 水槽に直射日光が当たる
  2. 飼育水の富栄養化
  3. 濾過能力が不足している

大体は上の三つが主な要因となっている。

さて、ここでこの水槽に青水が発生した原因を考えてみる。

モフチョ家にはもう一つ同じ水槽がある。フィルターからろ材まで構成はほぼ一緒。方や普通に稼働中で、方や青水が発生となると、主な原因になっているのは「日差し」ではないかと考えた。

この水槽を立ち上げたのは昨年8月で、青水が発生したのは11月に入ってから。

季節が移って日がだんだんと低くなり、この水槽に日の射す時間が長くなってくると、待ってましたとばかりに青水が発生した。日差しの問題は設置時にも当然注意はしていたが、夏場と冬場では光の射し方が異なることまで考えていなかったのだ。

・・・発生してしまったものは仕方無い。さてどうしたものか。

あまりに濃いものは別だろうし、飼育する魚やその環境にもよりけりだが、実はこの青水自体は魚にとって害のあるものではない。場合によっては(金魚や鯉の飼育等)むしろ重宝されるぐらいのもの。観賞云々〜となると話はまた変わって来てしまうが、少なくとも早急に対処しなければならないような問題では無い。

青水の問題は過去に何度か経験している。いずれも新しく立ち上げて少し間を置いてから2〜3ヶ月後に発生した。要因は今の状況と異なっていたケースもあったが、この時は特別に何かするようなことはく、時間が経過するとともに自然に消えていった。「別にそのままでもいいや」的な考えがあったからなのだが(汗

ところでシルバーアロワナだが、青水が発生してからもまったく普通の状態でいる。青水が出る前は音や人影に対してやや神経質になっていた部分があったが、今はとても落ち着いている。(これは歳のせいかもしれないが)餌の方は再度拒食状態に入っているが、これは青水の発生時期と関係ないので、深く考えないようにした。

放っておけばいずれは消えるもんだと思うし、これといって魚の状態が悪いわけでは無いので、できればそっとしておきたい。ただ、ここで青水を除去するにはどうしたら良いか、という事も考えている。

まずは水換えだろうが、一時的に色は薄くなるがまたすぐに戻ってしまうので、イタチの追いかけっこになる公算が大。全交換でもしないかぎり消えはしないが、魚への負担を考えるとなかなか手を出しにくい。そもそも少しも青水を残さずに100%全交換できるかどうかが問題だ。

また、これらを除去する液体、薬品等はあるにはあるが、残念ながらアロワナやナマズの類には使用不可となっているものがほとんどなので手を出せない。

で、色々調べてみたところ、殺菌灯を使うと安全かつ確実に青水を除去できるらしいのだが、人様に見せる目的の水槽ではないので、そこまで投資する必要があるかどうか躊躇している。まあ、あって損をするものでは無いのだが、モフチョは変な所で貧乏性なのだろう(汗

もっとも、あまりにも魚の姿が見えないと、その状態を確認する事が難しくなるのは確か。何かしらの打開策を取る必要はあるだろう。

関連記事

アロワナ

Posted by ドン・モフチョ