老いゆくシルバーアロワナ

アロワナ

シルバーアロワナ水槽の青水もごらんのようにクリアになり、シルバーアロワナはのんびりと余生を過ごしている。

 

 

各ひれや鱗の場所によっては「ふち」がささくれているような部分が目立つようになった。身体の張りもあまり無く、見た目からして年寄りのような印象を受ける。

そしてどうも最近は、口が言う事を聞かなくなっている様子。アロワナは時折水面に口を出して呼吸をするのだが、見ていると口が少ししか開いていない。

 

今からおおよそ7年前、水槽に激突し下顎が真っ二つに割れるような怪我を負い、生死の境を彷徨った事があった。

幸い一命は取り留めたが、顎髭を完全に失い、それから餌の捕食に随分と苦労するようになってしまった。

というのも、アロワナの髭は飾り物ではなく、れっきとした感覚器官の一つだから。これが無いと餌を察知することがしにくくなるばかりか、方向感覚も狂う事があると言う。

これを無くしたのだから、当時このアロワナがどういう状態になったのかは簡単に想像できるんじゃなかろうか・・・。

このアロワナを迎え入れてから今年で16年目。口が開かなくなったのは歳のせいもあるだろうが、きっとその怪我の影響もあると思う。歳を取るほど、古傷は痛むのだから。

この開かない口を見る度に、モフチョは自分自身の飼育の未熟さを思い知らされる。本当に馬鹿だったと。

こうなってしまうと、老い先はそう長くは無いと思う。食べられるものも食べられなくなるのだから、それも当たり前の話だろう。

とにかく今は何事もなく、そして平穏に日々を過ごしてほしいと願うだけである・・・。

関連記事

アロワナ

Posted by ドン・モフチョ