老いは隠せず

古株クラウンローチは今年で飼育11年目を迎える。

 

 

2001年に迎え入れた4匹のうち現在は2匹が残っているが、うち1匹の方は今年に入ってかなり痩せてきてしまった。

 

「ヤセ」の個体は比較的警戒心が弱い

 

餌は変わらず食べているものの、今では背中の骨が浮き出てしまっているぐらいに痩せている。さすがに歳は隠せない様子である。

 

こちらは警戒心の強い「デブ」の方

 

ただ、もう1匹の方は今も元気一杯。プリプリに肥えた体型を維持しているので、まだまだ元気に泳ぎまくってくれそうだ。

よく読まれている記事