2匹のセルフィンプレコ

モフチョ家には現在、2匹のセルフィンプレコ(ノーマル、アルビノ)がいる。

 

 

当初はクラウンローチを含め、2匹のセルフィンプレコを一緒の水槽で飼育していたのだが、あまりにもノーマルの方が暴れるようになったので、一昨年の冬にプチ引っ越しをし、それぞれ別の水槽で飼育する事にした。

 

 

それからはどちらの水槽も平穏さを取り戻し、それぞれが悠々自適に過ごすようになった。

ところでアルビノセルフィンプレコは、以前にも記事にした事があるが、元々はブリスルノーズ(ミニブッシープレコ)として迎え入れたプレコだったりする。

なんか、違う・・・

 

 

無論この事だけではないが、水槽の見直しをした背景にはこんな理由もあった。なんたって、成長した時の大きさが違いすぎるから(笑)

ただ、このアルビノセルフィンプレコがモフチョ家にやってきたのは、今振り返れば間違いでは無かったと思う。

ノーマルセルフィンプレコは、いずれはクラウンローチとは別に飼育しなければならなかっただろうし、何よりも今、それぞれの水槽の環境がとても落ち着いているからだ。

さて、日々順調に成長するアルビノセルフィンプレコ。

 

 

このように色々なポーズをとってモフチョ達を楽しませてくれるが、ノーマルと比較すると、こちらの方がずっと大人しく、そして成長速度が緩やかなように感じている。

まず、他の魚に対して威嚇、攻撃するような行動は今までほとんど見せた事が無い。

同居する小型プレコに対してもそれは同じで、喧嘩どころか仲良く一つのプレコタブを食べ合っていたりする。

また、ノーマルの方は飼育2年目で20cmを優に超えたが、こちらは3年目に突入したあたりでようやく20cmに届くかといった所なのだ。

単なる個体差かもしれないが、少なくとも、今まで飼育してきた感じではそのような印象を強く受けている。

 

今いるノーマルぐらいの大きさに成長すれば、とても見応えある個体になるであろうアルビノセルフィンプレコ。願わくば、再度ノーマルと一緒に飼育してみたいものだ。

よく読まれている記事