その辺で寝る

プレコ・クラウンローチ

しめっぽい話ばかり立て続いたので、口直し。決して死んだわけじゃないので誤解しないでほしい。

 

 

照明が消えた後に撮ったものだから画質は悪いけど、プレコ、クラウンローチ水槽の一コマ。

この画像のように、クラウンローチは横になって寝る。初めてこの姿を見た時は誰もが驚いた事と思う。モフチョもかなりビビった。

モフチョ家のクラウンローチは、土管とかシェルターではなくその辺で寝てしまう事がある。他にも同居人がいるというのに、あまりにも無防備というか、図太い。しばらく見つめていても何食わぬ顔で寝てしまう。

「お前、それじゃ自然界じゃ生き残れないだろ?」

 

 

これぐらい太く無いと、飼育は難しい。

基本的にクラウンローチは、丈夫ではあるが神経質な魚だ。ここにいるクラウンローチも、元々は4匹いたのだが、残ったのは写真の2匹。同じ魚であっても、個体差は必ずある。

その個体差は時に性格にもなって現れる。その辺をうまく汲み取ってあげて、長く付き合っていければなとモフチョは日々感じている。

関連記事