なんか、違う・・・

プレコ・クラウンローチ

地味な水槽だからこそ余計に目立つアルビノセルフィンプレコ

 

 

モフチョのプレコ、クラウンローチ水槽にはブリスルノーズ(ブッシー)がいる。

こいつは知らずのうちに繁殖してしまった事が何度もあり、今いる個体は恐らくは何世代目かの個体となっている。

積極的に繁殖させるつもりは無いのだが、あまり血を濃くさせてしまうのもなんだし、もし繁殖するのなら違う種類のを欲しいと思い、モフチョはアルビノのブリスルノーズプレコを求めに某大型熱帯魚店に行った。

店に着いて早速探す。狙いのプレコはいるにはいたが、名札と値段が付いてなかった。そこで馴染みの店員さんに声を掛けて、種類と値段を聞いてみる。

 

「これブッシーのアルビノですか? 値段は?」

「はい、そうですよ。これは1000円ですね」

 

今でこそかなり価格がこなれているが、ちょいと前までは1尾1000円ぐらいしていた。

家に戻り早速水合わせ。うまく繁殖したら面白いな〜などと考えてプレコ水槽に入れた。

それから数週間ほど後に異変に気付く。よく見るとうちにいる個体と何かが少し違う。

背びれと尾ひれにどことなく見慣れた模様が入っているし、体型も口の形も・・・。3cm程度だった個体があっという間に5cmを超えた当たりの話。

 

「これ、セルフィンじゃね!?」

 

既にこの水槽には巨大化したセルフィンがいる。いくら同居人が少ないとはいえ、セルフィン2匹はどうなんだろうか・・・。

それからしばらくした後、再度アルビノブッシーを求めモフチョは同じ店に行った。今度はお目当てのプレコがちゃんと名札と値段付きで売っていた。

同じミスは繰り返すまいと水槽を凝視するモフチョ。どうやら間違いなくブッシーのよう。迷う事無く2匹購入した。

その帰りの車の中で、奥方との会話。

 

ドン・クサ子「今度は間違ってない?」

ドン・モフチョ「順調だ。2%も間違っていない」

ドン・クサ子「・・・」

ドン・モフチョ「それよりもさ、面白い事に気付いたんだよ」

ドン・クサ子「なに?」

ドン・モフチョ「ブッシーのアルビノってさ、目が赤く無いんだよな」

 

・・・またもモフチョはここで重大なミスを犯してしまった。

 

 

実はこいつはブルーアイゴールデンブッシーだったのだ。やっぱりアルビノは目が赤いもの。ま、同じ種類だからいいんだけど・・・。

 

 

だが、それがいい。

こんな縁があって迎え入れた個体ほど、思い入れも強くなるってもんだ。
これからも長く付き合ってやりたい。

関連記事