一番手のかからないプレコ水槽

プレコ・クラウンローチ

現在7本ある水槽のうち、一番手のかからないのがセルフィンプレコのいる水槽のように思う。

 

 

セルフィンプレコは非常に水を汚す魚として知られているが、ここの水槽は飼育する生体数が少ないので、非常に安定してくれている。

 

 

確かにウールマットはそれなりには汚れてしまうが、交換頻度は月2回程度なのでそれほど面倒さは感じない。

また、フィルターのメンテナンスも年に2〜3回程度行うだけ。ほぼ放置プレイでOKな環境が出来上がっている。

これはどの水槽にも言えることだが、フィルター類には極力手をつけない方がベター。定期換水だけで維持管理できる形が理想だと思うので、基本的にフィルターメンテは頻繁に行わないようにしている。

これからもこんな感じに飼育を続けていきたいものだ。

関連記事