ブルーアイゴールデンブッシープレコ、死す

プレコ・クラウンローチ

クラウンローチ水槽のマスコットキャラ、ブルーアイゴールデンブッシープレコが死んでしまった。

 

 

何の前触れもなしの突然死に、ただただ唖然とするばかり。

気になったのは腹部が膨らんでいたという点だが、これは死亡後に腸に腐敗ガスが溜まったものなので、これといった異常は特に見られなかった。

 

在りし日のブルーアイゴールデンブッシープレコ

 

ちなみに迎え入れたのは2010年の11月ごろ。

今年でほぼ6年生きた計算になるので、寿命という線も考えられなくはないのだが、やはり突然死と考えるのが道理なのかもしれない。

最近何かと暗い話題ばかりが続いているが、これも生き物を飼育する上では避けては通れない道と、ひたすら自分に言い聞かせるしかないだろう。

ブルーアイゴールデンブッシープレコ、あの世でもお元気で。

関連記事