古株「デブちん」を超えたクラウンローチ

月日が経つのは早いもので、一番の古株のクラウンローチは今年で飼育17年目を迎えた。

 

画像左がにいるのが古株の「デフちん」

 

さすがに置いた様子は隠せないが、まだまだ元気いっぱいだ。

さて、今まではこのデブちんが一番大きな個体だったが、今はこちらが一番大きな個体となっている。

 

 

こちらは2011年か2012年に迎え入れたクラウンローチ。どういうわけかこの個体だけが妙に大きくなり、今ではデブちんよりもふた回り以上大きく育ってくれた。

見事な肉付きではち切れんばかりのプリプリ感。今後どこまで大きくなるのか、とても楽しみな個体だ。

 

よく読まれている記事