コリドラス水槽のチビプレコ、巨大化

プレコ・クラウンローチ

一昨年に生まれたブリスルノーズプレコのチビ。

 

 

一旦、小型熱帯魚に移した後、第一コリドラス水槽で飼うことになったが、現在はここまで成長した。

 

 

ヒゲが小さいのでメスだろうが、いつの間にやらここまで大きく育ってくれた。

ちなみにこのプレコ、モフチョの記憶が確かならば1996年頃に迎え入れた個体の3代目ぐらいに当たる個体になると思う。

無論、最初の個体は存命ではないが、今もこうして細々と血を繋げているわけで、何かこう、自分のアクア史を刻み続けているようでいろいろと感慨深いものがある。

オスのいるクラウンローチ水槽に移せば繁殖する可能性も無きにしも非ずだが、もう血がかなり濃くなっているし、あまり増やすのもなんなので、このプレコはずっと第一コリドラス水槽で飼育するつもりだ。

それにしても大きくなったもんだ。感動。

関連記事