フナの稚魚、順調に成長中

金魚・錦鯉

フナの稚魚は順調に育っているようだ。

 

 

孵化してから一週間程度はブラインシュリンプを与えていたが、最近はキョーリンの『ひかりパピィ』に切り替えて飼育している。

 

 

まだまだ稚魚といった感じなのだが、しっかりと餌を食べ、少しずつではあるが着実に大きくなってきたように思う。

 

手前がフナ、奥がメダカ用の産卵ネット

 

フナの稚魚は、上の画像のようにメダカ水槽の稚魚スペース部分に産卵ネットを取り付けて飼育している。

ただ、このままの使用だと通水性があまり良く無いので、エアチューブ等のパーツを使ってシャワーパイプの排水を分岐させている。

ところでフナの稚魚達だが、当たり前の話、メダカの稚魚とは行動パターンが全く異なっている。

まず第一に、メダカの稚魚ほど活発に泳がない。

メダカの稚魚はヒラヒラと常にせわしなく泳いでいる感じだったが、フナの稚魚はスーッ、スーッと必要以上に泳がないでいる事が多い。

 

餌(ひかりパピィ)を食べに浮上する稚魚

 

これは捕食の時も同様で、餌にスーッと近づき、狙いすましたかのように餌をついばむ。また、底に沈み切った餌もちゃんと食べている様子も伺え、稚魚ながらもフナらしい一面も出て来たように感じている。

それと感心したのは、協調性。

メダカは稚魚のうちから早くも小競り合いを始め、弱い個体が追っかけ回されるという事態が起こったが、フナの稚魚はまったくそういった事をしない。どんな時でも仲良く過ごしているのだ。

 

一番大きい稚魚。どこかフナらしくなったか?

 

まあ単に魚の性質の話なのでこの件で優劣を付けるつもりは毛頭無いが、見ていてヒヤヒヤしない分、フナの稚魚の方が楽な気持ちで飼育できそうではある(笑)

関連記事

金魚・錦鯉

Posted by ドン・モフチョ