撮影難易度激高な魚

小型熱帯魚など

カメラを変えても、やっぱり上手く撮れないのがレッドライントーピードバルブだ(汗)

 

 

デジカメ撮影は主にモフチョの奥方の仕事だが、この魚の撮影にはいつも苦戦するらしい。

動きが止まった瞬間を狙い撃ち……というわけにもいかず、いろいろ試してみるも

 

 

この程度だとか(苦笑)

ちなみに今回、一番まともに撮れたのがこれらしい。

 

 

ホバリング中を激写。正面からの画像は初めてではないだろうか?

カメラではなく、単に腕の問題という話はさておき(笑)、この魚の奇麗さを伝えられないのが残念。これに懲りず、また撮影にチャレンジしてみたい。

関連記事