悠々自適なサイアミーズフライングフォックス

カージナルテトラ、そしてコリドラスピグミーを大量に追加した小型熱帯魚水槽だが、唯一の存在であるサイアミーズフライングフォックスは実にマイペースに過ごしている。

 

 

その大きさのせいもあって、かなりの存在感を示すようになったが、当のサイアミーズフライングフォックス自身はそんなのお構いなしな様子。

こうしてミクロソリウムの上で休んだり、餌以外の時はボケーッと過ごすことが多くなった。

ところでこのサイアミーズフライングフォックスを毛替え入れたのは、今から6年前の2011年のこと。

 

 

迎え入れ当時4cmぐらいだった個体も今や15cmぐらいにまで成長。当初は4匹迎え入れたが、年月とともにポツンポツンと死んでしまい、生き残ったのはこの1匹のみとなっいている。

どのくらい生きる魚なのかは解らないが、この様子ならばまだまだ長い付き合いになるだろう。これからもずっと元気に過ごしてほしい。

よく読まれている記事

小型熱帯魚など

Posted by ドン・モフチョ