クラウンキリー抗争

小型熱帯魚など

まさに弱肉強食の修羅がそこにあった。

 

移動後のクラウンキリー。別な魚のように落ち着いた

 

先日小型魚水槽2にクラウンキリーを増やしたのだが、小競り合いはより一層激しさを増すばかり。「数を増やせば落ち着くかもしれない」という目論みがあっさりと撃破されてしまった。

そして投入翌日、早くも一匹の弱い個体がこの抗争で命を落としてしまう。もはやここまで。クラウンキリーを小型魚水槽の方へ移すことにした。迷っている暇は無かった。

ただし、これがクラウンキリーの持つ性格ならば移した所で何の解決にもならない。色々と不安が募る中、小型魚水槽に移した後も慎重に観察を続けたが、今度はまるで別の魚のように大人しくなってしまった。心配していたハチェットとの干渉も全く見受けられないし、特定の場所に群がる事もあるぐらいに激変した。

単純に考えれば、水槽サイズが小競り合いの原因になっていたことになるだろう。要するに25cmキューブでクラウンキリーを飼うには狭すぎた、と。しかし、単にそれだけの理由でも無いような気もしている。

それでは何が理由なのかと言うと水流である。

全く別の魚の話になるが、小型魚水槽にいるラスボラエスペイは、今の住処に引越ししたとたん小競り合いが酷くなった事があった。どれくらいかと言うと、ほぼ全部のラスボラが尾びれが欠損するぐらい。

「引っ越すまで大人しかったのがなんで今更」と思いあれこれ考えたが、理由はまるで解らなかった。

そんな折、別の魚(ハチェット)を迎え入れることになり、シャワーパイプの向きを変えて水流を弱めた所、小競り合いする事がほとんど無くなったのである。

底面エアリフトだけとはいえ、25cmキューブ水槽では結構な水流がついてしまう。

これがクラウンキリーのストレスになったのか、それとも攻撃性を活性化させてしまったのかは解らないが、仮に小競り合いが水槽サイズだけの問題だったとすれば、現状のように群がる行動を説明しづらくなるのだし、水流が要因の一つになっていた事だけは間違いないと思う。

ちなみに小型魚水槽の上層部分は、25cmキューブよりもはるかに穏やかな流れとなっている。どんな魚であろうと水流は飼育する上での重要なファクターとなるのだから、この魚に関して言えば穏やかな流れの方が飼育に向いていると言えるのではないだろうか。

これでクラウンキリー繁殖の芽は潰れてしまったかもしれないが、元々繁殖目的で迎え入れた魚でもないし、つまらぬ喧嘩で命を落とすよりはずっとマシ。とにかく移動してから落ち着いてくれたのは何よりの事である。

関連記事

小型熱帯魚など

Posted by ドン・モフチョ