飼い込む楽しみ

相変わらずきちんとカメラに収める事が出来ない魚がいる。

 

 

その代表格がこのレッドライントーピードバルブ

今ひとつ画像では伝わりにくいが、この魚は日に日に色が鮮やかになっている。

赤いラインが濃くなってきたと思ったら、今度は頭から背中にかけての部分がグリーン色に輝きはじめた。

ちなみにひと月ほど前はこんな感じ。

 

 

赤みはあるものの、背中の色は特に発色していなかった。

何気なく迎え入れた魚だが、こうも飼い込む楽しさを教えてくれるとは思わなかった。本当に魅力的な魚である。

小型熱帯魚など

Posted by ドン・モフチョ