ぢっと手を見る

小型熱帯魚など

手を広げて餌の捕獲を目論むカメルーンロックシュリンプ

 

 

このエビも今やすっかり小型魚水槽のマスコットとなった。

カメルーンロックシュリンプは基本的に物陰を好むので、こうして流木の陰にいる事が多い。

また、そこに水流があるような場所では、パラボラアンテナのような手を広げて餌が引っ掛かるのを待ち構えている。

当然、水槽の環境は自然界とは異なるので、こうしていても常に餌を摂る事は出来ないのだが…

 

広げれど

広げれどなお 我が空腹満ち足りる事無し

ぢっと手を見る

 

なんとも健気なエビである…(汗

こんなエビなので給餌が難しく、餓死してしまうケースもあると聞いていたので何かと心配していたが、そうは言いつつも腹が減ればあちこち徘徊してきちんと食べるものは食べている模様だ。

とりあえずここまで無事に成長しているので、今現在も特別な事はしていない。意外と丈夫なエビなのだろう、きっと。

関連記事