アルビノチェリーバルブ迎え入れ

小型熱帯魚など

リセットした小型業水槽に新顔を迎え入れた。

 

 

まずはアルビノチェリーバルブピュアレッドという魚。

定番魚チェリーバルブのアルビノ版だが、他のアルビノ種とは異なり赤みが強く出ているのが特徴だとか。

初めて迎え入れる魚だが、元来から丈夫な種だろうからそれほど気を遣う事は無いと思う。ちなみに3匹を迎え入れたが、すぐに水槽に馴染んでくれた。

もう一種はラミーノーズのワイルド物。

画像をお見せ出来ないのが残念だが、迎え入れた翌日には例の赤色が見事なまでに発色してくた。さすがはワイルド物といったところか。ブリード物で懲りた部分があったが、それを帳消しにするぐらいの発色だった。

そう言えばリセット後は、なんとなく調子が上向いたようである。

カージナルテトラ一匹が不調に陥ってしまったが、これはリセット前から調子を崩していたものだと思うので、他の魚達の状態と比較すればそれほど気にはしていない。

また様子をみつつ、次の魚を迎え入れたいと思う。

関連記事

小型熱帯魚など

Posted by ドン・モフチョ