カキツバタ、咲く

外飼い

今年はなんとか一本のカキツバタが咲いてくれた。

 

 

開花し始めたのは先週の木曜日。一番日当たりの良いものだけが咲いた形だが、久々に見たカキツバタは心を和ませてくれた。

まず、咲く前日(05/10)の様子。

 

 

で、翌日の朝から午後にかけて少しずつ花びらが開いてくれた。

 

 

同じ土壌にはシュロガヤツリが根を伸ばしまくっているだけでなく、随分と土が痩せてきているのでひょろっとした印象を受けるが、それでも咲いてくれたことに感動。

ところでカキツバタは二つの蕾があって、先に咲いた花は、

 

 

このように日曜にしぼんで散ってしまったが、次の蕾はすでに咲く準備に入っている様子。

 

 

ところでこのプラ船、アクアリウムの縮小化計画に伴い近々撤去する予定……いやいや、撤去ではなく別な入れ物(水槽)に移し替える予定なので、厳密に言えば引っ越しという意味合いの方が強い。

もちろん、今いる花や生体は引き続き飼うのでご安心を(笑)

新しい入れ物の設置は来月上旬を予定しているので、その際はまた記事にしてみたいと思う。

関連記事

外飼い

Posted by ドン・モフチョ