レッドチェリーシュリンプの鮮やかさ

外飼い

無事に夏を乗り越えてくれた、プラ船のレッチェリ。迎え入れ当初よりも随分と色が濃くなったような。

 

 

なんというか、改めて「陽の光」の力は凄いんだな、と思った。

自慢するわけではないが、下の写真なんかはカタログに載せてもいいぐらい状態が良くなったのだ。

 

 

ちなみに、現在のプラ船の水温はおおよそ20℃前後。夏場は30℃を超えることも珍しくはなかったが、やはり涼しくなってから調子が上向いてきた模様。(これはミナミヌマエビも一緒)

問題はこれから寒くなっていった場合だが、レッチェリを外飼いするのはなにしろ初めての挑戦なので、こればかりは実際にその時期を迎えてみない事には解らない。ミナミヌマエビの近似種という事を鑑みれば、恐らくは冬を越してくれるはずだろうが……。

せっかくここまでいい状態になったので、無謀な挑戦は裂けるべきなのかもしれない。

ただ、以前にも記事にしたように、レッチェリは某所で自然繁殖している事を確認している。そこはまんま自然の、それも水深がそれほど深くはない川なので、その理屈からすればここのレッチェリも冬を越してくれるものと信じたい。

※オマケ

 

 

こちらはアカヒレの様子。餌食いもよく、すこぶる快調。オスの発色ぶりはこれまた見事だった。

関連記事

外飼い

Posted by ドン・モフチョ