【水泳】2013日本マスターズ水泳短水路大会(非・魚ネタ)

雑記帳

前回、目出たくシルバーコレクターを卒業したドン・クサ子。果たして今回は!?

 

場所は前回と同じ『さがみはらグリーンプール』

 

今回は個人種目2種目にエントリー。ちなみに1種目はお初となる種目。そんなわけなのでモフチョ的に色々と楽しみがあったが、偶然なのかなんなのか前々回と同じく女の子の日が重なってしまった。

子供の日に女の子の日とはこれいかに。

クサ子は痛み止めを飲んで参戦する事となったが、それだけでなく今回のクサ子はちょっと調整不足。右手を捻って痛めたり、仕事が忙しくなり泳ぐ練習がほとんどできなかったりと、楽しみと不安の両方を抱えたまま大会を迎える事となってしまったのだ。

ちなみに今大会も前回の神奈川マスターズ同様『さがみはらグリーンプール』にて行われたが、今回は撮影許可証を取るのがめんどくさかったのでが無いと大会風景を撮影できなかったので、現地画像が無いことを先にお断りしておく。


★レース前情報 ドンクサコ (モフチョ師のコメント)

謎の記者X
前回は見事でしたね
モフチョ師
久々にしては頑張ったね。タイムもまずまずだったと思うよ
謎の記者X
今回は中間に一頓挫あったと聞きますが?
モフチョ師
色々と疲れが見えたので軽めのメニュー中心に調整した。追い切り不足なのは否めないね
謎の記者X
クラス変更2戦目になりますが?
モフチョ師
以前よりはレースがしやすくはなったけど、今回は強いのが1頭1人いるからどうかな
謎の記者X
最後に展望を聞かせて下さい
モフチョ師
本調子には無いけど、一戦ごとに力は付けてるし、後は地力でなんとかして欲しい

 

 

今回は2種目のエントリー。1つはいつものだが、もう1つは競泳の花形種目なので選手層は当然厚くなる事が予想された。

で、モフチョは例の如く競馬新聞プログラムを入手し予想に入る。(実はこれが楽しみ・笑)

 

モフチョ
ふむふむ……っておいw 金メダルは無理ゲーっぽいw
クサ子
(つーか、まだメダルに拘ってるのかよ……)どうして?
モフチョ
ほれ、どっちの種目も日本記録持ってる人がエントリーしてるよ(´・ω・`)
クサ子
ホントだw でも、そういう人と一緒に泳いでみたかったから、ちょっと楽しいかも♡

 

この時点でモフチョはやや意気消沈。クサ子の体調を考えれば上位争いがやっとではないかと感じていた。

ただ、クサ子の方は「いつものように泳ぐだけ」と妙にリラックスしていた。まあ当の本人がそれを一番自覚しているのだろうから、ここでモフチョがとやかく言う必要は少しも無い。今回は素直に大会の雰囲気を楽しめばいいのだから。

そうこうしているクサ子の初戦を迎える。まずはお初となる種目だ。モフチョはグッと拳を握りしめてクサ子の泳ぎを見守る。

課題であるスタートは悪くは無かったが、その後がどうもよろしくない。遠目に見ても動きが明らかに重く、本調子で無い事を改めて痛感した。

結局クサ子はトップから丸々1馬身離れた所でフィニッシュする。それでも2着に食い込んだのだからこれは立派な結果と言えよう。

タイムも目標としていたものを僅かに切る事が出来たのだから、ここは素直にクサ子を褒めたいと思う。

 

まずは銀メダルゲット!!

2着 ドンクサコ (モフチョ師のコメント)

モフチョ師
初めて使うレースだった割には何とか踏ん張ってくれたね。タイムはあんなもんだろうけど、今日のデキを考えればよく走った泳いだ方なんじゃないかな

 

2戦目は得意種目。これまた同じく強い相手(同じ選手)がいる。仮に自己ベストを出したとしても勝ち負けできるかどうかといった感じ。

また、初戦の疲労がどこまで回復するかと言ったところだが、それは相手とて同じ事。不甲斐無い結果になったとしても同じ土俵なのだから言訳にはならない。

いよいよスタート。こちらもスタートは悪くは無かったが水に入る姿勢がイマイチ。スタートもさることながらスプリント線ではその直後の入り方も重要となる。ちょっとしたミスで大幅にタイムを落としてしまうんだとかなんとか、偉い人がそんな事を言ってたような気がしないでも(汗)

さてクサ子。スタートからそんな感じだったので道中の行きっぷりもイマイチ。こちらもまた泳ぎにキレが無く、正直、今まで見てきた中で一番ドタバタしているように映った。

が、そんな中にありつつもクサ子は見事2着でフィニッシュする。初戦ほど負けはせず、3着以下を離してのゴールだったが

 

クサ子
最後タッチが流れちゃった。テヘペロ

 

と、どうも悪い流れを引きずったまま泳いでしまったらしい。事実、毎回更新していた自己ベストを切る事が出来なかった。


2着 ドンクサコ (モフチョ師のコメント)

モフチョ
ちょっと行き足がつかなかったかね。持ち時計も詰まらなかったし、やっぱり一頓挫した影響があったりかも。それでも見せ場は作れたと思うし、地力がある事が解ったから次はなんとかしたい

 

そんなわけで今大会、クサ子は見事に銀メダル2個を獲得。

 

シルバーコレクター復活!!

 

ここにきてまたしてもシルバーコレクターっぷりを発揮してしまったわけだが、大切なのはこの結果云々といった事ではなく、自分自身との戦いに負けない気持ちを持てたかどうかという事。

 

参加賞のピンバッジ。この羽が意味するものは!?

 

その「価値」に気付いてこそ、初めて明日の「勝ち」が得られるのだから、体調不良に負けず泳ぎ切ったクサ子はとても良い経験を積んだように感じている。

なんて、立派な事を言えるほどモフチョは偉くはないが、今日はとても充実した一日になってくれた。クサ子に感謝である。

関連記事

雑記帳

Posted by ドン・モフチョ