ヤモリ発見

マンションの壁にヤモリがいた。

 

 

生息地では人間に身近な存在で、人家内外の害虫を捕食することから家を守るとされ、漢字では「守宮」(あるいは「家守」)と書かれよく似た名のイモリ(井守)とともに古くから親しまれていたことが伺える。

人間に対しては臆病で攻撃性が低く、能動的な咬害や食害を与えることもないため、有益な動物である。縁起物として大切にする風習もあるが、逆に民家に侵入する不快生物として扱う人々も存在する。

(引用:wikipedia)

 

ヤモリを見たのはいつ以来だろうか。何度か目にしたことはあるはずだが、画像に収めるのは初めてだと思う。

ウィキでも説明されているが、家守というだけあってこれは縁起のいい生き物。夏前から魚達に不幸が立て続いていたが、これからは安泰であってほしいと切に願いたい。

雑記帳

Posted by ドン・モフチョ