【外飼】プラ船に新顔を迎え入れ

プラ船に新顔を迎え入れた。

 

 

気が付けばメダカも死に、フナの稚魚『ぬし夫』もいなくなってしまったプラ船。魚がゼロなのは少し寂しいと思い、趣向を変えてアカヒレを迎え入れることにした。

元はと言えば日本と同じ温帯域にいる魚。きっと冬場を凌いでくれるはずだ。

さて、他の生体だが、

 

 

仔タニシがそこらかしこに張り付いている。

また、ホテイ草を持ち上げると、必ず根っこに数匹がひっついてきたりと、どのくらい潜んでいるかまるで見当もつかない状況となっている。

そしてミナミヌマエビ

 

 

もさもさに育つウィローモスを凝らして見ると、あちこちから姿を覗かしてくれる。

 

 

無論ここだけでなく、エビの姿はタニシ以上にあちらこちらで見かけるが、

 

 

ひょうたん島の部分はちょっとしたエビパラダイス。常に十単位以上のエビがいて、いつ見ても忙しなく土を掘ってくれている。

これから一日一日と秋が深まるにつれ、タニシ、エビ、そしてアカヒレはどういった姿を見せてくれるのだろうか。

そして初めて迎える冬場はどうなるのか。基本は放置プレイとしたいところだが、いろいろと注意しなくてはならないだろう。

雑記帳

Posted by ドン・モフチョ