ベルツノガエル、襲来

モフチョの実妹、となりのトド子がベルツノガエルを連れて遊びにやって来た。

 

 

モフチョの相方、ドン・クサ子はカエルが大好き。家中のそこらにカエルグッズが置いてあったりする。

そんなクサ子の気持ちを知ってかどうなのか、突然の来客にモフチョ家は興奮しきり。

ご丁寧に専用餌まで持って来てくれて餌付けショーまで披露してくれた。

 

ちなみに餌の粒はこれくらいの大きさ。

 

 

こいつをふやかし、ピンセットでつまんで目の前で動かしてゆると大きな口で「パクッ」と食べる。

なんでも動くものに反応するようで、目の前で動いたものはなんにでも噛み付くらしい。試しに指をチラチラと動かしたら同じように「パクッ」と噛んでくれた。(結構噛む力が強い)

ただ、それができるのもこのくらいの大きさのうちだけ。トド子曰く手の平以上のサイズになったら危険とのこと。結構獰猛なカエルなのだそうだ(笑)

 

「な、可愛いだろ? だからクサ子ちゃんにプレゼントするわ!!」

ドン・クサ子「……え!?」

 

なんということでしょう。このベルツノガエルはプレゼントとして連れて来たのだという。まさに青天の霹靂である。

早速モフチョ家ではベルツノガエル用の水槽を用意。ちょうど第3コリドラス水槽として活躍したセットが空いていたので、それに投入することにした。とりあえずの仮設置だが、ふむむ、なかなかキュートな水槽だ。

 

 

飼育のノウハウはトド子から簡単なレクチャーを受けたが、また後でじっくり調べる必要はありそう。なんたって初めて飼うのだから解らないことだらけ。

しかしまさかのベルツノガエル飼育。モフチョ家にとってまるで初めてのことなので、これから色々勉強していきたいと思う。

 

 

余談だが名前は『ガブリエル王子』に決定。トド子の飼うベルツノガエル『ゴンザレス』に対抗してのものだが、指を「ガブッ」と噛んだことに由来する。

 

ちなみにこちらがゴンザレス

 

さ、これからどんな日々が訪れるのやら、とても楽しみだ。

雑記帳

Posted by ドン・モフチョ